スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンジョン自動探索ゲーム 色々追加

色々と追加しました


・お宝(コインと魚)の追加
・敵とバトルの追加
・フキダシの追加
・マップが立体的に見えるように表示

これから更にゲーム性を高めていこうと思います。
スポンサーサイト

来た道を戻らせる方法

今回は探索し終わった後に、どう入り口まで戻らせるかを考えました。



分岐点と行き止まりを通る際に、どちらから来たのかを記憶していきます。
あとはそれを辿るだけで入り口まで迷わず帰らせることができました。
注意点としては一度記憶したところは上書きしないことです。

問題点は動画のように遠回りになってしまう場合があることです。
なにかしら良い解決方法があればいいんですけどね~。

経路探索

今更ですが
あけましておめでとうございます
今年も色々やってくぞー!(おー!)

ということで経路探索の部分を作りました
まずは動画をどうぞ



自動探索ゲームなので、行ってないほうへ優先的に行かせるようにしました。
配列を用意して通ったマスに+1していきます。
そして赤丸のマスに来ると、周囲の黄色い四角の数字を見て低い方へ進みます。
そうすると探索していない方向へ優先的に行くようになります。

しかしこのマップでは問題点が1つありました。
分岐点を見ると異常に数字が高くなっています。
この分岐点が連続すると分岐点の方へ行かなくなってしまいます。
なので”分岐点を連続させない”というルールを作ろうと思いました。

動画テスト

静止画と文章だけでは分かりにくいと思うのでテストを兼ねて動画にしてみました



はじめてだとこれだけでも大変ですね。
BandiCamでキャプチャして、AviUtlというソフトで編集をしました(編集ってほどの事はしてないけど・・・)

○メモ
・BandiCamのオーディオ設定でPCMにしておかないとAviUtlで拡張編集する際に音がおかしくなるので注意(上の動画の音はカットしてあります)。
・AviUtlで動画を出力してめちゃくちゃ劣化してしまったら、ビデオ圧縮の設定のTarget quantizerをいじると解決(少ない数値にするといいようです)。

移動方法

基本的な移動は1マス単位の移動にします
ad_b00.jpg

そして一度移動をはじめると ”行き止まり” か ”分岐点” に着くまで止まらないようにします
ad_b01.jpg
(赤丸が行き止まりor分岐点、黄色い矢印をノンストップで移動します)

マップ構造のルールを決めたのは一本道とそれを繋ぐ分岐点で構成したかったためです。
極端な例ですがルールを無視すると下の画像のように分岐点だらけで気持ち悪くなります。
ad_b02.jpg

さらに、探索していないところを優先的に探索してほしいときにもこのルールが役立ってきます。
それはまた次回にします~

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。